脳機能PET検査について(医療機関の皆様へ)

浜松PET診断センターでは、民間で国内唯一の頭部用PET装置を駆使し、脳機能の診療と研究を目的とした脳機能PET検査を実施しています。ご不明な点は、お問合せフォームまたはお電話にてお問い合わせください。
(※検査種別によっては全身用PET/CT装置を使用する場合もございます。)

PETによる脳機能の検査

浜松ホトニクス社製 頭部用PET装置
「脳機能PET検査」は、脳機能を調べる専門的な検査です。さまざまな脳の病気に特徴的に見られる代謝や物質の状態を、頭部用PET装置により測定し、画像化します。病気をより早く、より正確に描出することに役立つと考えられています。
(※検査種別によっては全身用PET/CT装置を使用する場合もございます。)

脳機能PET検査の内容例

アミノ酸代謝やコリン代謝を調べる検査

脳腫瘍患者のアミノ酸代謝、リン酸脂質代謝の画像例
主に脳腫瘍の病巣範囲を明確に調べる検査として実施されます。[11C]Methionineという検査薬では、脳腫瘍などの病巣部における細胞のアミノ酸代謝を調べます。また[11C]Cholineという検査薬では、リン酸脂質代謝を調べます。

ドパミン神経伝達を調べる検査

ドパミントランスポータの画像例
運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる神経伝達物質(ドパミン)の脳内での状態を調べる検査として実施されます。[11C]βCFT、[11C]Raclopride、[11C]SCH23390などから適切な検査薬を用い、神経疾患の有無を調べます。

セロトニン神経伝達を調べる検査

セロトニントランスポータの画像例
心身の安定や心の安らぎなど、人間の精神面に関わる神経伝達物質(セロトニン)の脳内での状態を調べる検査として実施されます。[11C]DASB、[11C]McN5652などから適切な検査薬を用い、セロトニン作動系神経の活動を調べます。

脳機能PET検査に用いる薬剤例

脳機能PET検査では、検査内容に適した薬剤の製造が必要となります。当センターでは現在、計16種類の臨床用PET薬剤が製造可能となっております。
対象 疾患名 薬剤
がん 脳腫瘍 FDG, Methionine
認知症 アルツハイマー型 FDG, PiB, PBB3, DPA-713, 2FA, BCPP-EF, Florbetapir, Flutemetamol
レビー小体型 FDG, DPA-713
前頭前野型 FDG
神経疾患 パーキンソン病 β-CFT, Raclopride, DPA-713
てんかん FDG, Raclopride, Flumazenil
精神疾患 摂食障害 DASB, DPA-713
自閉症 DASB, DPA-713, SCH-23390
薬物依存 McN5662, PK11195

受診区分と検査種別および使用薬剤について

保険診療

検査種別 使用薬剤
FDG検査(脳腫瘍、難治性てんかん) [18F]FDG

自由診療

検査種別 使用薬剤
メチオニンPET検査 [11C]Methionine
アミロイドPET検査 [18F]Florbetapir

臨床研究

検査種別 使用薬剤
共同研究検査 研究内容にて指定

委託検査

検査種別 使用薬剤
単純委託検査 委託内容にて指定

ご注意ください

  • 脳機能PET検査の実施には、フュージョン(融合)画像作成用としてMRI(T1強調3D画像:VSRAD)のデータCD/DVDのご提供が必要となります。ご依頼・ご紹介の際には申込書類と併せてご提供くださいますようお願い申し上げます。
    (※検査種別によっては当センターにてMRI検査を実施する場合もございます。)

【保険診療】のお申し込み方法と検査結果ご報告までの流れ

  1. お問合せフォームまたはお電話にて、お問い合わせください。検査枠の空き情報をお知らせいたします。
  2. 「脳機能PET検査 予約申込書(様式A)」および「脳機能PET検査 受診者詳細情報(様式B)」に必要事項をご記入の上、ファックスしてください。また原本と併せて、フュージョン(融合)画像作成用のMRI(T1強調3D画像:VSRAD)のデータCD/DVDを当センター宛にご郵送ください
  3. 「脳機能PET検査 予約案内(様式C)」に検査日時等をご記入いただき、「浜松PET診断センター(診療部)所在地図」と併せて、受診者様にお渡しください。
  4. 受診者様は検査当日、浜松PET診断センター(診療部)に直接お越しください。受付にて「保険証」を確認させていただきます。検査終了後、法定診療報酬額の個人負担分を請求させていただきます。
  5. 検査実施後1週間を目安に、検査申込元(主治医様)宛に「脳機能PET検査 結果報告書」を郵送いたします。

脳機能PET検査 予約申込書類[PDF:1.1MB]

・脳機能PET検査 予約申込書(様式A)
・脳機能PET検査 受診者詳細情報(様式B)
・脳機能PET検査 予約案内(様式C)
(※ 医療機関様でご使用されている診療情報提供書での代替も結構です。)

その他の受診区分のお申込み方法

【自由診療】に関して

原則、お申込みはご本人様からとなります。なお、ご受診には医師の判断による適切な検査の選択が必要となります。主治医にご相談いただき、医療機関からのご依頼・ご紹介にてお申込みください。
また、医療機関をご受診されていない方につきましては、まず当センターのPETがん検診「総合コース+脳オプション」または脳機能PET外来をご受診いただくことをお勧めいたします。
受診を希望される場合は、お問合せフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

【臨床研究】に関して

ご希望に沿った検査を実施いたします。ただし、共同研究に係る契約の締結と、当センター倫理委員会への研究計画の提出および承認が必要です。詳しくはお問合せフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

【委託検査】に関して

ご希望に沿った検査を実施いたします。ただし、単純委託に係る契約の締結が必要です。詳しくはお問合せフォームまたはお電話にてお問い合わせください。
当センターの検査実施には、受診者(または代諾者)の同意書への署名が必要となります。

お問合せ先

お問合せフォームはこちら
 

お電話でのお問合せ先

浜松ホトニクス健康情報室
フリーダイヤル0120-584-722 Fax. 053-584-0723
※浜松ホトニクス株式会社は、浜松PET診断センターの窓口業務を受託しています。
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。ボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)