よくいただくご質問

皆様よりよくいただくご質問と、その回答をまとめました。
その他ご不明な点につきましては、お気軽にお問い合わせください。
  • お電話でのお問合せは『フリーダイヤル0120-584-722(浜松ホトニクス健康情報室)』へ
    ※浜松ホトニクス株式会社は、浜松PET診断センターの窓口業務を受託しています。
  • メールでのお問合せは『お問合せフォーム』へ
    (※当センターからの返信メールアドレスのドメインは「@hmp.or.jp」となります。指定メール受信設定をされている場合は、上記ドメインを受信できるように設定してください)

Q1検診全般に関するご質問

Q1-1PETがん検診で全てのがんがわかりますか?
PET検査は多くの臓器のがんの早期発見や早期診断に役立ちますが、すべてのがんに有効というわけではありません。たとえば糖代謝の盛んな脳の腫瘍は分かりにくく、FDGの排泄経路である膀胱など尿路系のがんは発見が困難です。また、前立腺や腎臓、肝臓などのがんはもともとFDGの集積が低いことが知られています。そのため、PET検診ではCTやMRI、便潜血、腫瘍マーカーなど他の検査を同時に行い、これらのがんも検出できるよう考慮しています。早期の胃がんもPET検診では発見しにくく、胃がんはピロリ菌とペプシノーゲン検査から胃がんリスクの評価を行っています。また早期の子宮頚がんは従来の検診が有効とされていますので、うまく組み合わせて受診されることをおすすめします。
Q1-2検診での被ばく量は安全ですか?
検診コースに含まれるPET検査とCT検査では微量の放射線被ばくを伴いますが、健康に影響を与えることはありません。
なお、当センターのPET総合コース1回あたりの被ばく量は約7ミリシーベルトです。この被ばく量で急性の放射線障害が起きる可能性はなく、将来がんで亡くなる可能性の上昇も非常に低いといわれていますのでご安心ください。
Q1-3他院で他の検査を受けた(または受ける予定の)場合、PET検査との期間を空けた方がいいですか?
受けられた(または受けられる)検査の種類や目的にもよりますので、詳しくは下記までお問い合わせください。
フリーダイヤル0120-584-722(浜松ホトニクス健康情報室)
※浜松ホトニクス株式会社は、浜松PET診断センターの窓口業務を受託しています。
Q1-4以前、造影剤を使ったCT検査で副作用が出たことがあります。PET検査で使用する薬は大丈夫ですか?
CT検査で使用される多くはヨード造影剤です。造影剤の安全性は確立されていますが、体にとっては異物であるため、まれに副作用が出ることがあります。一方、 PET検査に使用するFDGというくすりはブドウ糖に放射性核種を組み込んだ医薬品であり、これまで副作用はほとんど報告されていません。なお、当センターで使用するFDGは毎日センター内で製造され、専任の薬剤師が品質管理試験を行い安全性の確認をしています。
Q1-5受診制限はありますか?
妊娠中や妊娠の可能性がある方は、胎児への被ばくや磁場の影響を考慮し、ご受診いただけません。また、以下の方はご受診いただけない場合があります。詳しくは当センターまでお問い合わせください。
  • 40歳未満の方
  • 空腹時血糖値が高い方
  • 体内に電子機器や金属のある方
  • がん・脳疾患・認知症と診断されたり、その疑いにて医療機関を受診されている方
  • 高度に閉所恐怖症の方や、検査中(30分)閉所でじっと動かずにいられない方
フリーダイヤル0120-584-722(浜松ホトニクス健康情報室)
※浜松ホトニクス株式会社は、浜松PET診断センターの窓口業務を受託しています。
Q1-6PETがん検診に健康保険は使えますか?
当センターの検診コースは全て保険適用外で、全額自己負担となります。医師の診断により保険適用となるPET検査については、「診療部について」のページをご参照ください。
Q1-7PETがん検診は医療費控除の対象となりますか?
人間ドックや健康診断と同様に健康保険適用外の場合、医療費控除の対象にはなりません。しかし、PETがん検診により重大な疾患が発見され、その治療を受けたときは医療費控除の対象となる場合があります。詳しくは税務署等にお問い合わせください。
Q1-8クレジットカードで分割支払いは可能ですか?
当センターにてご利用可能なカードブランド・カード会社は以下となります。
分割支払いのご利用についてはカード会社ごとに異なります。
詳しくはクレジットカード裏面に記載されたお問合せ先へご確認ください。
Q1-9PETがん検診は毎年受診した方がいいですか?
がんの種類によっては急激に進行するものもあります。現時点で見つからなかったがんが1年後の受診で発見されることもありますので、継続して受診いただくことをお勧めいたします。また、前回受診の画像と比較読影することで効果的な診断が可能となります。

Q2検診予約に関するご質問

Q2-1ホームページから仮予約したのですが連絡が来ません。
まず、ご入力いただいたメールアドレスに、当センターからの自動返信メールが届いているかご確認ください。自動返信メールが届いていない場合、メールアドレスのご入力ミスまたは指定メール受信設定をされている可能性があります(指定メール受信設定をされている場合は「@hmp.or.jp」を受信できるように設定してください)。
また、自動返信メールが正常に届いていて、1週間を越えても万一連絡がない場合は、下記までお問い合わせください(通常、当センターからのご連絡は3営業日以内に行っております)。
フリーダイヤル0120-584-722(浜松ホトニクス健康情報室)
※浜松ホトニクス株式会社は、浜松PET診断センターの窓口業務を受託しています。
Q2-2予約はいつ確定しますか?
ホームページから仮予約をいただいた後、当センターより内容確認の連絡をいたします。お申込み内容の確認が取れ次第、予約確定とさせていただきます。
Q2-3土曜日・日曜日・祝日に検診を受けられますか?
当センターの営業日は月曜日から金曜日で、基本的には土曜日・日曜日・祝日はお休みとなりますが、月曜日から金曜日の祝日が営業日となる場合がありますので、お気軽にお問い合わせください。なお、仮予約カレンダーでも営業日をご確認いただけます。
Q2-4予約内容を変更/キャンセルしたい時はどのようにすればいいですか?
下記までお問い合わせください(予約内容の変更/キャンセルにかかわる料金はいただいておりません)。
フリーダイヤル0120-584-722(浜松ホトニクス健康情報室)
※浜松ホトニクス株式会社は、浜松PET診断センターの窓口業務を受託しています。

Q3検診受診時の注意事項に関するご質問

Q3-1受診に際し、食事や飲酒・喫煙などの制限はありますか?
PETがん検診を受診される方は、前日の飲酒や激しい運動は避けてください。FDG(PET検査のくすり)は激しい運動をされると筋肉に集まり、がんとの判別が困難となる可能性があります。なお、喫煙に関する制限はありませんが、過度の喫煙はお控えください。
また、検査当日の食事は受付4時間前までに済ませ、その後は食事や糖分(お菓子、ジュース等)を取らないでください。ノンカロリーや無糖表示の食品、飲料も取らないでください。ただし、脱水を防ぐために、砂糖なしのお茶や水は積極的に飲んでください。
Q3-2治療薬があるのですが、検査当日も服用していいですか?
治療薬は普段どおり服用いただけます。なお、空腹時服用が不可の薬については主治医にご相談ください。また、糖尿病薬とインスリン注射については注意事項がありますので、下記までお問い合わせください。
フリーダイヤル0120-584-722(浜松ホトニクス健康情報室)
※浜松ホトニクス株式会社は、浜松PET診断センターの窓口業務を受託しています。
Q3-3当日は予約時間ちょうどにセンターに行けばいいでしょうか?
当センターは完全予約制となっておりますので、受付での待ち時間はありません。時間通りにお越しいただければ問題ありませんが、10分程度の余裕を持ってご来所いただくことをお勧めいたします。なお、予約時間に遅れる場合は当センターまでご連絡ください。
フリーダイヤル0120-584-722(浜松ホトニクス健康情報室)
※浜松ホトニクス株式会社は、浜松PET診断センターの窓口業務を受託しています。
Q3-4当日はどんな服装や準備をして行けばいいでしょうか?
当センターでは専用の検診衣を用意しておりますので、自由な服装でお越しください。ただし、金属の付いた下着や保温下着(ヒートテック)などは着用できませんのでご注意ください。また、当センターでは手荷物の保管に更衣室の鍵付きロッカーをご利用いただいています。貴重品はお預かりできませんので、高価な品物はお持ちにならないようお願いいたします。
Q3-5車で行っても大丈夫ですか?(検診終了後すぐ運転できますか?)
無料駐車場を完備しております。また、検診終了後すぐの運転も問題ありません。お車をご利用の場合は、お気をつけてご来所・お帰りください。
Q3-6当日もし体調が悪くなってしまったら?
速やかに当センターまでご連絡ください。なお、検診開始後に受診者様のご都合により検診を中断された場合、検診料の返金はいたしませんのであらかじめご了承ください。
フリーダイヤル0120-584-722(浜松ホトニクス健康情報室)
※浜松ホトニクス株式会社は、浜松PET診断センターの窓口業務を受託しています。
Q3-7託児所はありますか?
当センターでは託児所の用意はありません。保護者の目が離せない年齢のお子様連れでの受診はご遠慮ください。なお、PET検査薬剤による微量の放射線が出ますので、念のため検診終了後6時間程度は乳幼児や妊婦への密接な接触はできる限り避けてください。また、授乳は翌日(検診終了後12時間程度)まで控えてください。
Q3-8付き添いが待機する場所はありますか?
ご同伴の方専用のお待合場所はご用意しておりませんが、受付ロビーにてお待ちいただくことは可能です。

Q4検診結果に関するご質問

Q4-1検診結果はすぐにわかりますか?
検診コースによっては受診当日の医師面談にて仮説明をいたしますが、最終的な結果は報告書を後日(ご受診の約2週間後を目安に)お送りいたしますので、そちらをご確認ください。なお、報告書に記載の内容に関してご不明な点やご質問等がある場合には、お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル0120-584-722(浜松ホトニクス健康情報室)
※浜松ホトニクス株式会社は、浜松PET診断センターの窓口業務を受託しています。
Q4-2がんや脳疾患が見つかった場合はどうすればいいですか?
検診でがんや脳疾患が疑われた場合は、医療機関で精密検査を行っていただきます。当センターは静岡県西部を中心に、さまざまな医療機関と医療連携をしております。受診者様のご希望に合わせ、適切な医療機関に責任をもってご紹介いたします。

Q5脳機能PET検査に関するご質問

Q5-1受診するにはどうすればいいですか?
既に何らかの脳疾患または疑いで医療機関を受診されている方は、主治医にご相談いただくようお願いいたします。
それ以外の方につきましては、まず当センターのPETがん検診「総合コース+脳オプション」をご受診いただくことをお勧めいたします。脳機能PET検査は専門的な検査ですので、医師の判断による適切な検査の選択が必要となることが理由です。